堆肥の袋詰めを省力化する


東海地方の養鶏場へ、袋詰め装置を納品いたしました。

東邦式袋詰め装置 F-1型

1時間当たり、30袋~40袋(15kg)の袋詰めが可能です。

秤の上に袋をセットして・・・

足踏みスイッチを踏むと・・・

堆肥の充填がスタートします。

指定した重量(10kg~20kg)で自動停止し、袋詰めが完了します。

仕上げにシール機(インパルスシーラー)で口を閉じます。

完成です!!

キャスターローラー付ですので使用後は、好きな場所にしまうことが出来ます。

今までは、写真の様に堆肥をすくい、手作業で充填していたそうです。

これで腰を痛めることなく、時間を掛けずに多くの袋詰めが出来ると喜んでいただけました。

堆肥の袋詰め装置を検討されている方は、是非弊社にお問い合わせください。

環境設備課 目黒