2022.7.21

ふん尿処理ではなく、堆肥生産とは? その2

ふん尿処理ではなく、堆肥生産とは?その1』の続編です!

弊社の発酵レーンが、なぜ「短い」のか、お話したいと思います。

 

(2013年9月撮影)

東邦式畜ふん発酵造粒装置 S245型(最大堆積高70cm)

発酵レーンの長さ 22m

 

その根本として、発酵レーンは「堆肥置き場」ではなく、「製品製造ライン」と考えているからです。

では、何を製造しているか・・・

それは、粒状堆肥です。

粒状堆肥を生産するうえで、適切な発酵温度、発酵期間を得ることは当然です。

それは当然満たしたうえで、「粒状」にすることなのです。

「粒状」にすることに拘ったロータリーの開発更新を続ける上で、たどり着いたのが

「短い」こと、いな「短くて十分」、さらには「短い方が良い」となりました。

 

(2015年7月撮影 原料ふん投入側より)

(2015年7月撮影 発酵造粒後、搬出側より)

 

僅か22mの発酵レーンでも、発酵造粒が完了しております。

なぜ、このような短いレーンが可能となったのか、それはずばり「粒状」だからなのです。

原料ふんを、弊社の特徴的なロータリーで撹拌することで、粘土状のふんが粒状に変化していきます。

粒状になることで、堆積状態の空隙率が高くなります。

結果的に好気性の発酵が促進、発酵温度も上昇、それによって蒸散しようとする水分も、粒の隙間から抜けていく。

発酵も乾燥も、一般的な発酵装置より、効率が良いから、「短い」レーンとなっております。

 

(2022年7月撮影 原料ふん投入側より)

東邦式畜ふん発酵造粒装置 GTR6000型(最大堆積高140cm)

発酵レーンの長さ 45m

 

(2022年7月撮影 製品搬出側より)

このように原料ふんを高く積み上げた機種ても、粒状化の効果により、早く発酵乾燥が進みます。

45mのレーンでは短いのでは?

と思われるかもしれませんが、十分なのです。

このように、弊社では、発酵レーンは「堆肥置き場」ではなく、「製品製造ライン」と考えています。

それゆえ、80mや100mと言う、長いレーンのご提案はしておりません。

※ユーザーさんがご希望であれば、長くする場合はございます。

 

鶏ふん、とんぷんが、しっかりと発酵乾燥して、粒状になれば、機械の役目は終わりです。

次の工程である、仕上げ乾燥やサイズ選別、袋詰めへ移行します。

出来上がったものを、わざわざ、機械でかき回しては、粒になったものが崩れて粉塵が出る可能性もあります。

そんな理由もあり、弊社の発酵レーンは「短い」のです。

 

次回、「ふん尿処理ではなく、堆肥生産とは? その3」で、このシリーズは最後の予定です。

鶏ふん、とんぷんの粒状化、そして堆肥生産をお考えの方は、是非、弊社へお問い合わせください。

環境設備課 目黒

設備を導入して頂いたお客様の声です

お客様の声 有限会社 アイナン産業 様

20年以上のお付き合い。東邦実業さんは堆肥作りの仲間です。

有限会社 アイナン産業 様愛知県美浜市

お客様の声 有限会社 杉山養鶏場 様

近隣からの苦情なし!臭気問題は
発酵管理が肝要でした!

有限会社 杉山養鶏場 様静岡県御殿場市

お客様の声 有限会社 村上畜産 様

山積みの製品在庫から解放されました!

有限会社 村上畜産 様山形県米沢市