2023.4.4

春の需要期に合わせ瞬発力ある堆肥生産を目指す!

先日、紹介しました、千葉県の採卵鶏農場へ天日乾燥装置増設が完了しました。

東邦式 天日乾燥撹拌機機 TP-6020型

レーン幅 6.0m

最大堆積高さ 10cm

長さ 51m

機械が満遍なく天地返しを行いつつ、太陽の力を利用して、含水率40%程度の鶏ふんを15%前後まで乾燥させることが可能です。

今回、敷地の関係で1台目の乾燥ハウスより10mほど短くなっていますが、

この増設で鶏ふん堆肥の乾燥能力は約2倍になることでしょう。

 

一年を通して、堆肥が最も必要とされる時期であるのが、春先、3月~5月です。

しかしながら、この時期は天気が安定しても、気温がまだまだ低く、乾燥条件は厳しいのが現実です。

堆肥の仕上げ乾燥に時間が必要な時期であります。

とはいえ、この2、3か月間に、堆肥を農場から出荷しなければ、次の需要期は秋となります。

結果的に、せっかく作り上げた鶏ふん堆肥が農場内に滞留してしまいます。

 

この勝負の時期に、瞬発力のある堆肥生産が出来ると、通年通してのふん尿処理がうまく回るようになります。

瞬発力のある堆肥生産をお考えの方、また現状の生産能力に不満を持たれる方、

是非、弊社までご相談ください。

環境設備課 目黒

設備を導入して頂いたお客様の声です

お客様の声 有限会社 アイナン産業 様

20年以上のお付き合い。東邦実業さんは堆肥作りの仲間です。

有限会社 アイナン産業 様愛知県美浜市

お客様の声 有限会社 杉山養鶏場 様

近隣からの苦情なし!臭気問題は
発酵管理が肝要でした!

有限会社 杉山養鶏場 様静岡県御殿場市

お客様の声 有限会社 村上畜産 様

山積みの製品在庫から解放されました!

有限会社 村上畜産 様山形県米沢市